主にパステルを使って製作しています。柔らかな色が混ざり合い、光と影を写し取ったような画像が浮かび上がっていく、、その過程を楽しんでいます。

私にとって白紙とは「完全なる静寂」「無」を意味し、無限さえ感じられる空間です。無の中で心を研ぎ澄ませ画材を乗せながらあらゆる事を思い描きます。画材を乗せていく行為は思索であり、描き出された画像も思索そのものです。

発表は思索の伝達であり、描いている時に思い浮かべた事柄に関わる言葉を鑑賞して下さった方から頂けた時は、抽象画という表現も意識の伝達手段として可能性の有るものだと信じられる瞬間です。

それはまるで時空を超えてその方と対話をしていたかのようでもあります。沈黙の思索は、本当は、見えない誰かとの対話によるものなのかもしれません。その誰かとはたった一人かもしれませんし、多数なのかもしれません。

私は抽象表現の可能性を信じています。
そして、それは美しいものであって欲しいと願っています。



I'm painting abstract works with pastels usually. I am enjoying appearances of light and shadow with mixing sooth colors.

I comprehend a white paper as calm and nothing, and fell infinit worlds. I can imagin various things in a calm space as complete silence in my mind with my drawing. It is contemplation that I can put materials on a paper, and it is actual contemplation that I drawed.

An exhibition is communication for contemlation. I beleive that an abstract expression can actually tell somebody my mind, when I get the words that somebody tells me about the things that I imagined when I was drawing.

That is like a conversation across time and space. That might be a conversation with somebody invisible unknown. The people may be one or a lot.

I believe an abstract explession can tell the things that I imagine. And I wish it is beautiful.